プレスリリース

小売店向けに交通系電子マネーの導入を容易にするクラウド型マルチ決済システム「J-Mups」のPOS接続ソフトウェアを開発!

[本ニュースリリースは、JR東日本メカトロニクス株式会社、三菱UFJニコス株式会社、日本NCR株式会社の共同リリースです。]

導入第一弾は小田急商事の食品スーパー「Odakyu OX」3月上旬から順次稼働予定

2013年3月4日

日本NCR 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:諸星俊男)、JR東日本メカトロニクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木俊一)、三菱UFJニコス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和田哲哉)の3社は、小売店向けに交通系電子マネーの導入を容易にする、クラウド型マルチ決済システム「J-Mups(ジェイマップス)」のPOS接続ソフトウェアを共同で開発しました。

導入第一弾は小田急商事株式会社が展開するスーパーマーケット「Odakyu OX」で、19店(注1)のPOS約150台に同ソフトウェアを搭載します。これにより「Odakyu OX」では交通系電子マネー「PASMO(パスモ)」が利用可能となります。

今回開発したソフトウェアは、「NCR RES -ePayment for J-Mups(エヌシーアール・アールイーエス・イーペイメント・フォー・ジェイマップス)」。店舗に設置されたNCRのPOSターミナルに、「J-Mups」対応ソフトウェア「NCR RES -ePayment for J-Mups」を搭載し、電子マネーのリーダライターを接続することによって交通系電子マネーの取扱いが可能となります。同ソフトウェアにより、店舗ではPOS接続の設計・構築の手間が省け、開発コストを抑えられます。

「J-Mups」は2012年7月に三菱UFJニコスとJR東日本メカトロニクスが共同で開発、専用のコンピューターサーバーに決済アプリケーションを集約し、加盟店に設置の決済端末からインターネット経由で利用(決済)できる仕組み。複数の決済サービスを同一端末で処理でき、拡張性・高セキュリティなどが特徴です。

同ソフトウェアは、クレジットカードや電子マネーといった決済手段に特化したパッケージとなっているため、日本NCR製はもとより他社製のPOSにも導入が可能です。また、今後、他の電子マネーをはじめ、銀聯カード、ジェイデビット(J-debit)なども、対応させていく予定です。

3社では、レジ周りの業務効率化や顧客満足度の一層の向上を目指すPOS導入企業を対象に、同ソフトウェアの販売を推し進めていきます。

(注1)今回対象となる19店舗は以下のとおりです。
Odakyu OX生田店、Odakyu OX梅ヶ丘店、Odakyu OX栗平店、Odakyu OX狛江店、Odakyu OX相模大野店、Odakyu OX相模原店、Odakyu OX座間店、Odakyu OX渋沢店、Odakyu OX新百合ヶ丘店、Odakyu OX成城店、Odakyu OX相武台北口店、Odakyu OX祖師谷店、Odakyu OX玉川学園店、Odakyu OX千歳船橋店、Odakyu OX長後店、Odakyu OX三鷹台店、Odakyu OX南林間店、Odakyu OX大和店、Odakyu OX読売ランド店

*J-MupsはJR東日本メカトロニクス株式会社と三菱UFJニコス株式会社の登録商標です。
* NCRは NCR Corporation の米国および他の各国における商標または登録商標です。

We're Here To Help

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る

採用情報

RECRUITING SITE 2017 新卒採用の情報をアップデートしました。

詳しく見る