金融ソリューション

手形交換/期日管理ソリューション

近年、手形枚数が減少傾向にあるとはいえ、銀行の手形センターでは、営業店から集めた、大量の手形・小切手の処理をしています。

集中処理: 手形センター

  • 枚数/金額のチェック
  • 保管し管理するためのデータ・エントリー
  • 現物管理に必要なMICR(注1)の印字(エンコード)
  • 現物の入庫処理
  • 現物の組戻処理
  • 現物の出庫、発送処理
  • 現物の在庫精査
  • 現物の保蔵替処理

この部門における大きな問題点は、いかに安全で確実に効率よく事務を処理できるかであり、一番のポイントは現物の移動をどれだけ少なくできるかです。そこで威力を発揮するのがイメージ処理です。イメージ処理技術を利用したソリューションにより、現物の動きを極力抑えて効率化を図ったのがNCRの手形イメージ・エントリー・システムです。

(注1) MICR(Magnetic Ink Character Recognition)は、磁気インクで印字したMICR文字をリーダー・ソーターで高速に読み取り・分類し、そのデータをコンピューターと連動させて計算、記帳など一連の作業を処理する仕組みです。MICR文字は、手形や小切手の下の部分(クリアバンド)に印字されており、NCRがアメリカ銀行協会に協力して開発したものです。

手形イメージ・エントリー・システムの特徴、導入メリット

  • 現物ハンドリング・授受の排除による安全性の向上
  • イメージ自動認識による入力項目の削減
  • イメージ・データの活用

現物のイメージを画面に取り込み、現物に触れることなくデータエントリー作業を行なえます。また手形処理に限らず、全ての煩雑な現物を取り扱う処理に応用できます。

手形イメージ・エントリー・システム

1. 手形現物の事前読取

  • 手形、小切手に印字されているMICR文字の読取(イメージ・リーダー・ソーター)
  • チェックライター金額の読取/認識
  • 受付一連番号のMICR印字 (これはイメージ・データと現物を識別する為の唯一のキーとなります)
  • イメージ・キャプチャー

これらのデータは、オンラインでコンピューターに蓄積されます。

2. 手形のエントリー/ベリファイ(検証)

  • 現物レスでのエントリー(現物管理の厳正化)
  • エントリーの効率化・正確性の向上
  • 検証者の負荷軽減
  • オペレーションの簡略化
  • 柔軟な運用体制

事前読取によってコンピューターに蓄積されたイメージ・データを使用して、現物に触れずにエントリーを行います。現物での処理を行わないので、エントリーが効率的になりました。その結果、今まで現物の動きが発生するため解決できなかった問題を一挙に解決し、大幅な効率アップが図られています。

手形や小切手は規定で券面のどこに何の項目があるかが決まっており、その部分を切り出してエントリーができます。数字入力については、パートタイマーでも短期間の訓練でこの処理ができる他、金額などは自動認識により入力項目の削減も可能です。

3. 手形現物の要件印字・入庫(保管)

  • MICR印字(金額等)
  • 取立番号印字(ANP)
  • 取立方式印字(銀行名、支店名、手形種類等を含む)
  • 支払い期日/一連番号
  • 入庫(取立区分別、期日順分類)

イメージ・リーダー・ソーターを使い、金額等のMICR印字、取立番号や取立方式の印字、保管用の支払い期日/一連番号の印字等を行い、その後、取立区分、期日順等に分類し保管します。

また、イメージによる文字認識率の向上を目指すことにより、一層のコスト削減、および一層の正確性の向上を図ることができます。イメージ技術は事務集中部門においても、以下のようなさまざまな活用方法があります。

  • 税公金のイメージ処理
  • 文書為替のイメージ処理
  • 口座振替依頼書登録のイメージ処理
  • 申込書等のドキュメントのイメージ処理
  • イメージ印鑑照合

We're Here To Help

プレスリリース

日本NCR、最新モデルのお支払いセルフレジ「NCR Fastlane SelfServ™ Checkout Release 6J NCRフレックスセルフ™」を発表

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る