プロフェッショナル・サービス本部

Miki A.さん
-2016年入社

― Interview ―

「システムの半分は思いやり」がモットーです。
そのためにもメンバーの「人柄」を育てたいと
考えています。
 

Q.これまでのご自身のご経歴について教えてください。

大学を卒業して新卒でSIerに入社し、要件定義、基本設計、開発、テスト、運用サポートまで一通り経験しました。金融系の基幹システムの業務が多かったのですが、損保や公共システム、医療・介護、通信など様々な業態・業種に携わりました。
NCRに転職する前はPMOとして、顧客の課題管理や全体の進捗管理など、各システムとエンドユーザーとの橋渡しをメインで担当していました。その経験から、自分で手を動かして開発するというよりプロジェクト全体の管理を自分の業務にしていきたいと考え、NCRに転職しました。

Q.NCRに興味を持ったきっかけや、入社の決め手となったことについて教えてください。

転職活動では、上流工程ができるよう一次受けできている会社を目指していました。SIerで働いていると基本的に開発ありきになりますが、NCRはそうではなかったところが自分にとって魅力的でした。また、これまでの環境とは違うタイプの会社だったので、新しいスキルを身に付けることができると思いました。そして、NCRの製品やサービスは自分たちの暮らしの身近なところにあるため、生活に貢献できることを実感し、達成感を得やすいのではないかと考えたことも決め手になりました。

Q.現在所属している部署や担当されている業務について教えてください。

日本全国に店舗を展開している大手小売業のチームで、PMとしてプロジェクトの進捗管理・課題管理を行っています。運用保守をメインにするチームなので問い合わせや障害対応の割合が多いですが、開発のチームで抱えきれない案件がある場合はそちらの業務をサポートしたり、サーバー周りの案件は自分のチームで立ち上げて進めることもあります。チームのしがらみは無く臨機応変に対応しています。


Q.NCRで働く魅力はどのようなところにありますか。

日常生活の様々な場面でNCRに出会えるところが一番の魅力だと思います。前職で担当していたシステムは金融系の基幹システムが多く、絶対に表に出てくることがなかったのですが、NCRのサービスは街を歩いているといろいろなところで見かけることができます。そこは他のメンバーにとってもモチベーションにつながっていると思います。
また、NCRは日本で100年を越える歴史のある会社で、昔から頑張ってこられている先輩方が築き上げてきた土台があり、守り続けてくださっているので、新しいことにチャレンジしたいという方が挑戦しやすい環境があると思います。


Q.仕事に対する思いや仕事を通して実現したいことはありますか?

私は「システムの半分は思いやり」をモットーにしています。ドキュメント一つ作るにも、相手の理解度をくみ取ってきちんと伝わるものにする必要があります。最終的にお客様の要望に沿った使いやすいシステムを作ろうとしたとき、それぞれのお客様とうまくコミュニケーションできることが本当に大切だと考えています。
そのために、私の役目としてメンバーの人柄を育てていきたいと考えています。人柄が育たなければ思いやりのある仕事をすることはできません。技術は案件をこなしていけば自然と身について成長していきますが、人柄やコミュニケーション能力は勝手に身につくことはないと思いますので、そういった部分を周囲に伝えて広めていければと考えています。

Q. NCRで経験した業務で、成長を感じたプロジェクトについて教えて下さい。

NCRに入社してすぐに担当した専門店の案件で、個の力ではなくチームとして解決したプロジェクトがあり、大きな苦労もありましたが成長したと思います。当時かなり難航しているプロジェクトで、それまでは一人で複数の人の助けを得て頑張っていくことがほとんどでしたが、この時は一人ではどうにもできないという壁にぶち当たりました。週の半分くらいは東京を離れてお客様の本部に出向き、社内だけではなくお客様も巻き込んで、どうすればいいのかをチーム力で解決していきました。この案件を一緒に担当したメンバーとは強い信頼が生まれ、今でもお互い困ったときに助け合える関係です。

Q.一日のスケジュールを教えてください。

9:00~9:30メールチェック
9:30~10:00チームミーティング
10:00~12:00客先対応(問い合わせ対応等)
12:00~12:45ランチ
13:00~15:00客先打ち合わせ
15:00~17:30資料作成
17:30~18:00チームミーティング
18:00~19:30資料作成

Q. オフの時間に取り組んでいることや、気分転換の方法はありますか?

仕事が終わったら基本的に仕事のことは考えず、オフの時間は趣味に没頭するタイプです。オンとオフの切り替えははっきりしていて、その日の業務はここまでと決めて、時間が来たら次の日にやることのリストを作ってパソコンを閉じてしまいます。どうしても今日中にというものがあれば時間を決めて対応しますが、翌日に何をどこからやるかというメモを書いておくと次の日そこから始めればよいので、夜や休日に気になってメールを見てしまう、ということも減りました。


Q.今後の目標やキャリアプランについて教えてください。

個人的には自分がPMを極めていくというところではなく、優秀なPMを育てたいと考えています。お客様に「NCRのPMはすばらしいのでぜひこの案件も頼みたい」と言われるような、他社と差別化できるようなPMを育てることは将来的に大きな利益につながります。また、優秀なPMが育つと、いまPMとして働いている社員の負担が軽減でき、部門や会社全体の仕事の質を上げることに貢献できると思います。先ほどの回答と重なるかもしれませんが、前職も含めいろいろなタイプの多数のプロジェクトに参加してきた経験を活かして、人を育てていくようなポジションに就ければと思っています。

※内容はインタビュー当時のものです。

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、金融機関向けチャネルプラットフォームである 「NCRチャネルサービス」が2022年FinTech Breakthrough賞を受賞

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る