インフォメーション

日本NCR、紀伊國屋書店に
RES MeXセルフモード機能を導入・運用開始

日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小原 琢哉、以下 日本NCR)は、株式会社紀伊國屋書店(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 高井 昌史、以下 紀伊國屋書店)へNCR RES MeXセルフレジモード機能の導入を開始しました。

紀伊國屋書店は、全国主要都市68店舗、海外39店舗の書店に加え、大学ブックセンター82店舗を展開しています。書店業界で初めてNCR RES MeXにセルフレジモード機能を導入し、2020年6月25日、基幹店である新宿本店において稼働を開始しました。NCR RES MeXは、マルチファンクショナルPOSアプリケーションです。セルフレジモード機能の導入により、同一ハードウェア上で有人レジ・セルフレジ・セミセルフレジの各機能の切り替えが可能となります。
今後は、紀伊國屋書店全国店舗への導入拡大を予定しています。

■ 背景・目的

紀伊國屋書店は2017年に日本NCRのPOSハードウェア「Real POS XR7」、POSソフトウェア「NCR RES MeX」を採用・カスタマイズを加え、紀伊國屋書店独自機能の搭載と操作性の改良を行いました。この度のNCR RES MeXセルフレジモード機能の導入においては、以下を目的としました。
  ①レジ待ち時間短縮による販売機会損失防止
  ②接客業務へ集中的に人員配置し顧客サービスの向上に繋げる
  ③コロナ禍の時代の変化による、非接触・非対面への顧客ニーズに対応

■ マルチデバイス&マルチファンクショナル「NCR RES MeX」の特徴

有人レジ機能をベースとしセルフレジ・セミセルフレジ機能も兼ね備え、状況により瞬時に切り替えが可能なマルチファンクショナルPOSアプリケーションとして、店舗環境や混雑状況に合わせた効率的な運営を可能にします。
また、特定のハードウェアに依存しないマルチデバイスアプリケーションであり同一ハードウェア上で有人レジ・セルフレジ・セミセルフレジ各機能の切り替えが可能であるため、ハードウェア、ソフトウェアの資産投資に加え、店舗教育にかかる投資を抑えることができます。



日本NCR株式会社について

日本NCRは、1920年の設立以来、日本初のスーパーマーケット開店の支援、日本初のセルフレジ導入、日本初の金融機関向け税公金セルフ収納機ソリューションの展開等をはじめ、常に時代の先端を行くテクノロジーを駆使し、流通・金融業界に革命をもたらし続けてきました。日本NCRは、これからも様々な業種において新たな時代のニーズにあったソリューションを提供していくため、世界中とコラボレーションしていきます。
NCRは米国ジョージア州アトランタに本社を置き、約36,000人の社員と共にグローバルにビジネスを展開しています。

※NCRは、NCR Corporationの米国および他の各国における商標または登録商標です。
※NCRは投資家の皆様にNCR Corporationに関する財務情報やその他重要な情報を定期的に更新するウェブサイトを訪問するよう奨励しています。

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、ネット ゼロ エミッションを宣言し、 ESG(環境、社会、ガバナンス)レポートにおいて多様性のベースライン指標を公開

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る