プレスリリース

日本NCR、最新モデルのPOSレジ端末「NCR RealPOS XR7J」を発表

2017年9月7日

日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:内藤 眞、以下日本NCR)は、一体型POSレジ端末NCR RealPOS XR7J (エヌシーアール リアルポス エックスアールセブンジェイ)を発表しました。この新製品は、タブレット端末が持つデザイン・操作性と、POSレジ端末に必要とされる拡張性・堅牢性を併せ持った次世代POSレジ端末です。

NCR RealPOS XR7Jは、ベゼルレスのタッチパネル一体型端末であるRealPOS XR7をベースに、無線LANアダプター、無停電電源供給装置(UPS)、POSプリンターを一体化し、設置場所を選ばないコンパクトなデザインを実現しています。さらにUSBポートやシリアルポートの拡張性、SSD(Solid State Disk)、防塵・防滴といったPOSに必要とされる堅牢性を備えています。

NCRが推進するストア・トランスフォーメーションにおける革新的な購買体験を実現するチェックアウトシステムの中心的端末として、またタブレット端末と同じ操作性をもつ先進的なPOS端末として、RealPOS XR7Jはその機能を如何なく発揮します。

【NCR RealPOS XR7Jの特長】

  • タッチ位置補正不要の高性能静電容量式15インチタッチパネル
  • 第4世代インテル® Core™ プロセッサー ファミリー搭載
  • デザイン性、操作性に優れたベゼルレス ディスプレイ
  • POSプリンター、CPU、UPSを内蔵したコンパクトで軽量な一体型筐体
  • 豊富な拡張性・接続性(USB x 6, シリアル x4 )
  • 防滴・防塵に対応した堅牢設計
  • SSD(Solid State Disk)ハイスピード記憶装置
  • 無線LANアダプター

NCR RealPOS XR7J

提供開始時期

「NCR RealPOS XR7J」は、来春(2018年1月~3月)に提供開始予定です。

日本NCRは、今後も顧客サービスをさらに向上させながら、効率的な店舗運営を行うことができる先進的なソリューションの提供に注力してまいります。

日本NCR株式会社について

NCRは、企業のビジネスとそのお客様である消費者を結ぶ全ての取引を一歩進んだ体験に変えていくオムニチャネルソリューションにおけるグローバルリーダーです。NCRは流通、金融、トラベル、ホテル、レストラン、通信技術などの業種で日々発生する約5.5億件の取引を処理可能なハードウェア、ソフトウェアおよび各種サービスを提供しています。
日本NCRは、1920年の設立以来、日本初のスーパーマーケット開店の支援、日本初のセルフレジ導入、日本初の金融機関向け税公金セルフ収納機ソリューションを展開と、常に時代の先端を行くテクノロジーを駆使し、流通・金融業界に革命をもたらし続けてきました。日本NCRは、これからもオムニチャネルの実現をめざすグローバルリーダーとして、さまざまな業種において新たな時代のニーズにあったソリューションを提供していきます。
NCRは米国ジョージア州ダルースに本社を置き、約33,000人の社員とともに180か国でビジネスを展開しています。

* NCRは、NCR Corporationの米国および他の各国における商標または登録商標です。

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、ネット ゼロ エミッションを宣言し、 ESG(環境、社会、ガバナンス)レポートにおいて多様性のベースライン指標を公開

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る