プレスリリース

NCRコーポレーション、2017年第3四半期の業績を発表

[2017年10月19日付NCRコーポレーションのプレスリリースの抄訳]

[米国ジョージア州ダルース2017年10月20日(米国東部時間)発]

2017年10月20日

NCRコーポレーション (NYSE: NCR) は2017年9月30日までの3ヶ月(第3四半期)の業績を発表しました。第3四半期の主な点は以下の通りです。

  • GAAPベース希釈化後EPSは0.77ドルで、前年の0.69ドルから12%増加。非GAAPベース希釈化後EPSは0.93ドルで、通貨の為替変動を考慮しない場合7%増。
  • 総売上高は16.6億ドル、前年同期比、通貨の為替変動を考慮しない場合ともに1%減。
  • 第3四半期のソフトウェア売上高は、2%増、クラウドは5%増、純ACVは1600万ドルで、前年同期比37%増。
  • トランスフォーメーションの取組みによりサービス売上総利益率は450ベーシスポイント。
  • 予想を下回るATM収益により、ガイダンスは2017年通年で減少。

ビル・ヌーティ(Bill Nuti)NCR会長兼CEOは、次のように述べています。「第3四半期は、売上および利益に関する第3四半期のガイダンス範囲内ではありましたが、ATMを中心とした受注については残念なものでありました。これにより、通年のガイダンスも減少を余儀なくされるでしょう。ATMの受注については、北米における大手顧客の投資の先延ばし、インドや中東での脆弱性、今後のWindows10の変換などによりネガティブな影響が続くでしょう。ポジティブな面については、デジタルバンキングやホスピタリティクラウドポートフォリオにおいてのSaaSソリューションがお客様に受け入れられ、今期においてもACVの堅調な伸びが見受けられました。さらに、売上の増加と継続的な生産性向上の結果、サービスマージンを大幅に拡大し、年間を通して予測した傾向を継続しています。直近のATMハードウェアの課題にもかかわらず、市場における当社の投資優先順位は変わらず、事業への信頼は依然として強い状況です。ATM市場が中期的に回復し、最終的に当社の売上成長を改善することが予測できますが、当社の戦略的焦点はソフトウェア、クラウド、および経常収益の成長を最優先で引き上げることにあります。

本プレスリリースの全文は下記サイトでご覧ください。
http://investor.ncr.com/phoenix.zhtml?c=83840&p=irol-newsArticle&ID=2309968

NCRコーポレーションについて

NCRは、日々のビジネスのトランザクションを一歩進んだ体験に変えていくオムニチャネルソリューションにおける世界的なリーダーです。NCRは流通、金融、トラベル、ホテル、レストラン、通信技術などの業種で日々発生する約7億件の取引を処理可能なハードウェア、ソフトウェアおよび各種サービスを提供しています。NCRのソリューションは日々の暮らしを快適にするすべての取引の中で稼働しています。
NCRは米国ジョージア州ダルースに本社を置き、約30,000人の社員とともに180か国でビジネスを展開しています。

※NCRは NCR Corporation の米国および他の各国における商標または登録商標です。
※NCRは投資家の皆様にNCR Corporationに関する財務情報やその他重要な情報を定期的に更新するウェブサイトを訪問するよう奨励しています。

We're Here To Help

プレスリリース

日本NCR、「リテールテックJAPAN 2018」に出展
~オムニチャネルの体現をテーマに「オムニチャネルショッピングツアー」を演出~

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る