プレスリリース

NCRコーポレーション、2017年第4四半期と年間の業績を発表

[2018年2月8日付NCRコーポレーションのプレスリリースの抄訳]

[米国ジョージア州アトランタ2018年2月8日(米国東部時間)発]

2018年2月9日

NCRコーポレーション (NYSE: NCR) は2017年12月31日までの3ヶ月(第4四半期)と12ヶ月間の業績を発表しました。第4四半期と2017年度の重要点は以下の通りです。

  • 第4四半期総売上高は発表済みガイダンスの上限となる17.8億ドル。
  • ソフトウェア売上高はクラウドの売上成長6%増により、1%増。2017年度の純ACV(Annual Contract Value)は前年の4,600万ドルから46%増の6,700万ドル。
  • GAAPベース希釈後EPSは0.38ドルで、米国の税制改革に関連する非現金費用1.3億ドルを含む。非GAAPベース希釈後EPSは発表済みガイダンスの上限となる0.92ドル。
  • サービスの売上総利益は280ベーシス・ポイントの拡大。
  • 2017年度年間の営業活動によるキャッシュフローは、7.55億ドル。フリーキャッシュフローは4.53億ドルで、どちらも発表済みガイダンスの範囲内。
  • 2018年度の3億ドル自社株買戻を計画。現在までに1.25億ドルが完了。
  • 2018年度の業績ガイダンスを発表。

ビル・ヌーティ(Bill Nuti)NCR会長兼CEOは、次のように述べています。「第4四半期の業績は、当社のガイダンスと一致しており、クラウドやサービスマージン拡大などの戦略分野における継続的な勢いを反映しています。2017年におけるATMの収益は予想を下回りましたが、ソフトウェアや、クラウド、および定期的な収益の増加により、2018年に向けてさらに強力な基盤を構築することができました。NCRは、オムニチャネルコマースの促進とデジタルトランスフォーメーションを促進する世界最大のクラウド企業の1つとして位置し続け、首尾一貫したACVの二桁成長によって証明されているように、NCRのSaaSソリューションへの注目が高まっています。我々は、自社の戦略に自信をもって2018を迎えることを非常に喜ばしく思っております。そのため、2018年に最大3億ドルの株式を買い戻すことも発表しています。」

マーク・ベンジャミン(Mark Benjamin)NCRプレジデント兼COOは、次のように述べています。「今後は、プランの実行強化に注力し、クラウドでの強みを活かし、エンドツーエンドのスマートエッジハードウェアとサービスソリューション資産を組み合わせて、市場で比類ない価値を提供します。そして、全ての規模のビジネスがオムニチャネルやデジタル・イネーブルメント、チャネルトランスフォーメーションジャーニーを経験できるように従事してまいります。また、2018年にこれらを遂行していくにあたり、ハードウェアや、より高い生産性を目指す特定のプログラムによるサービスセグメント、プロセス効率化における持続的なマージン改善の推進やイネーブラーとしてのテクノロジー使用に重点を置いてまいります。これらの事業再編プログラムを完遂させれば、2020年までに年間約1億5,000万ドルのランレートセービングを達成する予定です。」

本プレスリリースの全文は下記サイトでご覧ください。
http://investor.ncr.com/phoenix.zhtml?c=83840&p=irol-newsArticle&ID=2331466

NCRコーポレーションについて

NCRは、日々のビジネスのトランザクションを一歩進んだ体験に変えていくオムニチャネルソリューションにおける世界的なリーダーです。NCRは流通、金融、トラベル、ホテル、レストラン、通信技術などの業種で日々発生する約7億件の取引を処理可能なハードウェア、ソフトウェアおよび各種サービスを提供しています。NCRのソリューションは日々の暮らしを快適にするすべての取引の中で稼働しています。

NCRは米国ジョージア州アトランタに本社を置き、約30,000人の社員とともに180か国でビジネスを展開しています。

※NCRは、NCR Corporationの米国および他の各国における商標または登録商標です。

※NCRは投資家の皆様にNCR Corporationに関する財務情報やその他重要な情報を定期的に更新するウェブサイトを訪問するよう奨励しています。

We're Here To Help

プレスリリース

日本NCR、「リテールテックJAPAN 2018」に出展
~オムニチャネルの体現をテーマに「オムニチャネルショッピングツアー」を演出~

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る