プレスリリース

琉球銀行、日本NCRの汎用高速スキャナー導入により
事務集中業務の効率化を実現

日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小原 琢哉、以下日本NCR)は、株式会社琉球銀行(本店:沖縄県那覇市久茂地1丁目11番1号、取締役頭取:川上 康、以下琉球銀行)が、日本NCR製 汎用高速スキャナーiTRAN Image Trac (アイトランイメージトラック)の導入により、事務集中業務の効率化を実現したことを発表しました。

琉球銀行は沖縄県を中心に本支店61か所、出張所15か所の店舗を持ち、為替や口座振替、税公金などのバックオフィス業務は、事務集中部門が行います。2018年12月、この事務集中部に日本NCRの汎用高速スキャナー iTRAN Image Tracは税公金を中心とした事務集中業務の効率化とカバー率の拡大を目的として導入されました。 iTRAN Image Tracはあらゆる帳票スキャニング基盤として活用が可能なため、既存の事務集中システムとスムーズに連携し、エントリー共有化を実現してきました。
また、iTRAN Image Tracによりこれまで紙で運用していた膨大な伝票のスキャンを行い、全店からの照会がオンラインで可能となりました。

【 導入検討時の考慮点 】

  • – 各営業店の伝票をデジタル化し、事務作業のセンター集中化を図る
  • – 営業店舗業務の効率化

【 導入効果 】

  • – 営業店後方事務の集中化
  • – 既存の事務処理システムとの連携により、導入コストの削減
  • – 夜間の作業フロー改善に伴い、日中作業の効率化
  • – 伝票のスキャンイメージが営業店から閲覧可能なため、作業効率が向上
  • – 人材の有効活用を実現
  • – 膨大な量の伝票をデジタル化することにより、省スペースが実現
  • – 店舗の事務スペース削減でお客様待合室を拡大したことにより、お客様満足度の向上

【 今後の検討課題 】

  • – 更なる営業店の事務作業の削減・廃止・集中化
  • – 事務センターにおける他業務システムスキャン業務を集約しイメージワークフローを目指す
  • – 全ての伝票をデータ化し、店舗の小型化、スペースの効率化

【iTRAN Image Trac (アイトランイメージトラック) 運用イメージ】

iTRAN Image Trac (アイトランイメージトラック)製品概要は日本NCR Webサイトをご確認ください。
https://www.ncr.co.jp/products/itran

■ 日本NCR株式会社について

日本NCRは1920年の設立以来、日本初のスーパーマーケット開店の支援、日本初のセルフレジ導入、日本初の金融機関向け税公金セルフ収納機ソリューションの展開等をはじめ、常に時代の先端を行くテクノロジーを駆使し、流通・金融業界に革命をもたらし続けてきました。日本NCRは世界中のお客様と共に培ったノウハウを活かし、様々な業種のお客様へ時代のニーズにあったソリューションをご提供していきます。NCRは米国ジョージア州アトランタに本社を置き、約34,000人の社員と共に180か国でビジネスを展開しています。

※NCRは、NCR Corporationの米国および他の各国における商標または登録商標です。

We're Here To Help

インフォメーション

日本NCR、小売・金融業をはじめチェックアウト機能を備える店舗向けに新型コロナウイルス対策のための新しいオファリングを発表

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る