どうなってるの? バーコードとスキャナー

スキャナー篇(1) バーコード・スキャナーの種類

バーコード・スキャナーにはどのようなものがあるのでしょうか?

1. ペン・タイプ

ペン型のスキャナーでバーコード上をなぞるように動かして、コードを読み取ります。

  • 省電力
  • 大きな商品でもバーコード・ラベルを探せば読み取りができる
  • 場所を取らない
  • 手でスキャナーをバーコードに当てるので、小さなバーコードでも読み取りができる
  • 読み取りに慣れが必要
  • バーコードの端から端までなぞるため時間がかかる
  • 瓶缶類の湾曲や凸凹のバーコードは操作が難しい
  • バーコードの印字品質に読み取り性能が左右される
  • ラベルに接触するためラベルが摩耗する

ペン・タイプ

2. タッチ・タイプ

バーコードにスキャナーの読み取り部を当て、コードを読み取ります。

  • 簡単に操作できる
  • ドット・プリンターの印字でも高い読み取り性能を発揮
  • ラベルに接触しなくてよい
  • 大きな商品でもバーコード・ラベルを探せば読み取りができる
  • 場所を取らない
  • 手でスキャナをバーコードに当てるので、小さなバーコードでも読み取りができる
  • 読み取り口径より幅の広いバーコードの読み取りが難しい
  • 瓶缶類の湾曲や凸凹のバーコードは操作が難しい

タッチ・タイプ

3. スロット・タイプ(固定タイプ)

回転する反射鏡に向けてレーザー・ダイオードからレーザー・ビームを照射、ビームを拡散させ、スキャニング窓を通して窓の上の空間を拡散されたレーザー・ビームで満たします。 この空間(スキャン・ゾーン)をバーコードが通過する際に、拡散されて縦横に放射されたレーザー・ビーム(スキャン・パターン)のどれかにヒットすることで読取を行うものです。

  • スキャナー自体を操作するのではなく、バーコードの付いた商品をスキャン・ゾーンに通せばよいのでオペレーターに操作感がない
  • 操作が簡単なため教育も不要
  • 商品を流す感覚で作業できる
  • 読み取りに必要な時間が短い
  • ビームがヒットしない場合は再度商品を流さなければならない
  • バーコードにJIS規格の大きさが必要
  • 設置場所が必要
  • 価格が高い

スロット・タイプ

NCRは特にこのスロット・タイプにフォーカスしてきました。
その理由は一体何でしょうか?

4. ガン・タイプ

バーコードに向けてスキャナの放射口から横長のレーザー・ビームを発射し、バーコードの端から端までを貫いて照射して、コードを読み取ります。

  • 放射口より大きいバーコードでも読み取りが可能
  • 商品から離れた位置で読むことができる
  • 場所を取らない
  • 操作に慣れが必要

ガン・タイプ

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、ネット ゼロ エミッションを宣言し、 ESG(環境、社会、ガバナンス)レポートにおいて多様性のベースライン指標を公開

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る