どうなってるの? バーコードとスキャナー

今ではお店で売られているほとんどの商品にバーコードが印刷されています。
スーパーマーケットなどのお店で発行される「ポイント・カード」や、飛行機に荷物を預けるときに荷物に着けられるタグにもバーコードが印刷されています。その他私たちの生活の身近なところで、色々な形で使われるバーコードを見かけるようになりました。あの白黒の縞模様には一体どのような情報が隠されているのでしょうか。
あの白黒の縞模様を「ピッ」とスキャニングするだけで、どうしてさまざまな情報を知ることができるのか、ここではお店で売られている商品などで使用されている「JANコード」を例にとってご説明します。

そして、そのバーコードを読み取るスキャナー。
バーコード・スキャナーと一言でいっても、色々な形のものがあります。
ハンディタイプのもの、スーパーなどでよく見かけるレジスターに据えつけられている固定タイプのもの。
それぞれにどのような特長があるのでしょうか。
スキャナーがバーコードを読み取る仕組みと共に、その技術の発達の歴史を振り返ってみましょう。

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、ネット ゼロ エミッションを宣言し、 ESG(環境、社会、ガバナンス)レポートにおいて多様性のベースライン指標を公開

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る