流通ソリューション

決済ソリューション

相次ぐ個人情報漏洩事件の中には、カードの不正利用につながるケースも増加しています。この教訓を元に情報セキュリティ対策が社会的にフォーカスされるようになり、カード業界でも統一した情報セキュリティに関する規格の発行・普及の必要性が高まりました。そこで2006年9月大手国際ペイメントブランド5社であるAmerican Express、Discover Financial Services、JCBInternational、MasterCard、Visa Inc.は、カード犯罪に対処するため、共同で運営するPCI SSC (Payment Card Industry DataSecurity Standard)という独立機関を設立しました。

PCI DSSとは? PA-DSSとは?

PCI Security Standards Councilが発行する主なセキュリティ基準

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)

クレジットカード情報を扱う事業者が守るべきセキュリティ基準です。セキュリティの侵害に対して、いかに情報を保護するか・検知するか・対策するか等、クレジットカード情報を安全に取り扱うプロセスの枠組みが示されています。事業者がセキュリティ要件を満たしているかを審査し、公式に認定する制度も確立されています。

PA-DSS (Payment Application Data Security Standard)

POS等の決済アプリケーションが守るべきセキュリティ基準です。カード情報を保存・処理・送信する決済アプリケーションに対して適用されます。PCI DSSに準拠した事業者が決済アプリケーションを使用する場合も、PA-DSSに準拠したものを採用する必要があります。PCI DSS同様、PA-DSSにもセキュリティ基準を満たしているかを審査し、公式に認定する制度が確立されています。

PTS(PIN Transaction Security)

PIN(暗証番号)入力を行う端末で確保されるべきセキュリティ基準です。端末がセキュリティ基準を満たしているかを審査し、公式に認定する制度も確立されています。

導入実績

株式会社ビームス(小売業、アパレル)
お客様のカード情報を安全に処理するため、磁気・ICクレジット、銀聯、iDの決済を当ソリューションにて導入

株式会社良品計画(小売業)
お客様の交通系電子マネーでのお支払いを、よりスムーズに行うために当ソリューションを導入

他 (50音順)

We're Here To Help

プレスリリース

オムニチャネル決済対応ソリューション「Authentic」の最新バージョンを国内で販売開始
~金融業界で注目が高まるXML電文やAPI連携に柔軟に対応~

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例を、動画でご紹介します。

詳しく見る

採用情報

RECRUITING SITE 2017 新卒採用の情報をアップデートしました。

詳しく見る