スキャニング・システムがうまれるまで

JANコード(現在)

JANコード制定に至までは多くの試行がありましたが、メーカーがその後の流通経路の如何を問わず、商品単位の共通のコードとして製造段階で商品に取り付ける事ができ、それが社会を通しての効率化として認知されたことが普及の決め手となりました。
タグに価格がついていないことが当初危惧されましたが、同時にPLU(プライス・ルックアップ)システムが普及していき、消費者の理解を得られたことも大きな要因と言えます。
(PLUシステム : 「2. どうなってるの? バーコードとスキャナー」をご覧ください)

小売業にとってもPOS/PLUシステムを装備することによって、タグの取付作業の手間から解放され、更にはタイムセール等を手間なく機動的に実施することができるようになりました。

さらにこの先には何が待っているのでしょうか。
例えば、売り場の価格表示(POP等)がPLUと連動して更に容易にタイムリーに価格変更が行える、消費者が自分でスキャンして価格を確める、他の人に知られずに自分向けの価格を確かめる等など。
この先は、「4. スキャニング・システムを使った新しいお店づくり」のコーナーでお楽しみください!

We're Here To Help

プレスリリース

NCR、ネット ゼロ エミッションを宣言し、 ESG(環境、社会、ガバナンス)レポートにおいて多様性のベースライン指標を公開

詳しく見る

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る