スキャニング・システムを使った新しいお店づくり

POSスキャニング・システムの普及によって、お店側にも、そして消費者としての我々の生活にも大きなメリットがもたらされました。
こうしたバーコードを利用したさまざまなシステムが、お店とお客様との接点であるチェックアウトまわりをはじめ多様な形で使われ、新しいお店づくりを実現しています。

スキャニング・システムを使った新しいお店づくり

こんな利用がされています。

1. 会員(ポイント)カード

お店で発行している会員(ポイント)カードの裏面に、会員ナンバーをバーコードで印字しておきます。POSターミナルで買上商品のスキャニング登録をする際に、会員ナンバー.のスキャニング登録を行うことによって、お客様へサービス・ポイントの付加が行えるようになります。

会員カード

FSP(フリークェント・ショッパー・プログラム)
カードを使って収集されたお客様毎の購買履歴データをもとに、上得意のお客様を発見し、そのお客様へのサービスを目的としたしくみがFSP(フリークェント・ショッパー・プログラム)です。日々発生するお客様との取引データは、1年でみても膨大な量に達します。その中から、「個」客毎の情報を取り出し、ニーズに合った品揃え、各種サービスの提供を行なっていかなければなりません。この膨大な「個」客との取引データを蓄積/分析するしくみが、データ・ウェアハウスです。データ・ウェアハウスは、超並列コンピューターと大規模データベースで構築されます。NCRでは、店舗のPOSスキャニング・システムとこのデータ・ウェアハウスを連動させ、よりきめ細かいサービスを「個」客に実現しています。

2. 割引クーポン

新聞、チラシなどにお店の広告とともに、特定商品の割引クーポンを提供することがあります。
ここにも割引金額の情報が入ったバーコードを印字しておきます。お客様はこれを商品買上時にレジで提示することにより、割引を受けられるようになります。このように、クーポンにもバーコードを付ける事により、該当商品の割引を間違いなく行うことができます。

割引クーポン

3. レシート

お客様の買上レシートに該当取引番号等の情報をバーコード・プリントします。
お客様が返品に来た際や問合わせがあった場合、レシートのバーコードをスキャンすることによって、該当取引内容をストア・コンピューターから呼び出すことができます。こうして、該当の取引内容について間違いなく対応することができます。

レシート

4. ギフトカード

予め管理ナンバーをバーコードで付番しておきます。
お客様がカード購入後、カードの額面をコンピューターに登録し、金券と同様に使用できるようにしたものです。プリペイド・カードのようにカード自体にセキュリティ等の情報を持たせていないため、特別なリーダー/ライターを接続する必要がなく、簡単に使用できます。

ギフトカード

5. 電子棚ラベル

商品に付けてあるバーコードと同一のバーコードを、商品の陳列してある棚に電子ラベルとして付けてあるのが「電子棚ラベル」です。商品の補充・発注時バーコードのスキャンと共に、数量を発注端末にインプットし、ホスト・コンピューターに送信します。実際の棚にある商品を見ながら在庫数の確認が行え、商品ナンバーの転記ミスを削減することができます。

電子棚ラベル

そして未来のお店では・・・? »

We're Here To Help

お客様導入事例

お客様の導入事例をご紹介します。

詳しく見る